経営業務管理責任者とは

経営業務の管理責任者としての経験とは

 次のいずれかに該当することが必要となります。

一般建設業 特定建設業
法人では常勤の役員など、個人では事業主本人または支配人登記された支配人 【1】許可を受けようとする建設業の業種に関し、5年以上の経営業務の管理責任者としての経験を有する者

【2】許可を受けようとする建設業の業種に関し、5年以上の経営業務の管理責任者に準ずる地位にあって執行役員等として経営業務を総合的に管理した経験を有する者

【3】許可を受けようとする建設業の業種に関し、6年以上の経営業務の管理責任者に準ずる地位にあって経営業務を補佐した経験を有する者

【4】許可を受けようとする建設業以外の業種に関し、年以上の経営業務の管理責任者としての経験を有する者

【5】許可を受けようとする建設業以外の業種に関し、6年以上の経営業務の管理責任者に準ずる地位にあって執行役員等として経営業務を総合的に管理した経験を有する者

 経営業務の管理責任者としての経験とは

営業取引上対外的に責任を有する地位にあって、建設業の経営業務について総合的に管理した経験を指します。株式会社であれば代表取締役や取締役など、個人事業主であれば事業主本人の経営経験をいいます。単なる連絡所の長、現場所長等の経験は含まれません。

 経営業務の管理責任者に準ずる地位としての経験とは

  • 執行役員等の経営管理経験

許可を受けようとする建設業に関して、取締役会の決議により執行役員等として業務権限の委譲を受け、かつ、取締役会によって定められた業務執行方針に従って、代表取締役の指揮及び命令のもとに、具体的な業務執行に専念した経験をいいます。

  • 経営業務を補佐した経験

経営業務の管理責任者に準ずる地位にあって、許可を受けようとする建設業に関する建設工事の施工に必要とされる資金の調達、技術者及び技能者の配置、下請業者との契約の締結等の経営業務に従事した経験をいいます。

※申請においては、経営業務管理責任者の常勤及び経営経験を証明する資料が必要となります。

経験を証明する資料とは

 貴重な経験を証明する資料は、次のような書類等です。

  • 請負契約書
  • 注文書、請書
  • ご請求書、領収書や入金確認できる通帳
  • 個人事業主の方は確定申告書の控え

 

 私たちは、社長さまが【内装工事の経験が10年ある】という言葉を信じることができます。しかしながら、許可申請を審査する役所は経験を証明する資料(紙)がないと認めてくれません。とても残念なことに、その貴重な資料をすべて紛失してしまうと

  • 経営経験では5年
  • 技術を実務経験で証明する場合は10年(専任技術者とは

 待つことになってしまうのです。ですから何があっても捨てずに保管して下さい。重ねてお願い申し上げます。