建設業許可の取得例

一般建設業許可の申請・取得例

 建設業許可の申請・取得例をご紹介いたします。

取得例1

一般建設業、埼玉県知事許可

  • 業種:建築工事業、内装仕上工事業
  • 株式会社サイタマ工務店
  • 経営業務管理責任者:代表取締役 サイタマ タロウ
  • 専任技術者:
    建築工事業 ⇒ 代表取締役 サイタマ タロウ
    内装仕上工事業 ⇒ 従業員 ソウカ イチロウ
矢印1
代表取締役 サイタマ タロウ 略 歴
平成20年4月1日 埼玉県越谷市にて、個人事業主として内装工事を請け負う。主に商業施設のインテリア工事を施工。
平成22年4月1日 埼玉県春日部市にて、(株)サイタマ工務店を設立 代表取締役に就任。
平成26年4月1日 内装工事の経営経験が満6年となる。
経営業務管理責任者について
代表取締役 サイタマタロウの内装工事における経営経験満6年をもって、建築工事業及び内装仕上工事業の2業種を申請
専任技術者について
建築工事業:2級建築施工管理技士(建築)を持つ、代表取締役 サイタマタロウ
内装仕上業:1級建築施工管理技士を持つ、従業員 ソウカイチロウ

取得例2

一般建設業、東京都知事許可

  • 業種:管工事業
  • 株式会社キタク工務店
  • 経営業務管理責任者:代表取締役 キタク サブロウ
  • 専任技術者:管工事業 ⇒ 代表取締役 キタク サブロウ
矢印1
代表取締役 キタク サブロウ 略 歴
平成19年4月1日 東京都北区にて、(株)キタク設備を設立 代表取締役に就任。主にダクト工事を施工。
平成29年4月1日 管工事の経営経験及び実務経験が満10年となる。
経営業務管理責任者について
代表取締役 キタクサブロウの管工事における経営経験満5年をもって、管工事業の業種を申請
専任技術者について
管工事業:実務経験10年をもつ、代表取締役 キタクサブロウ

取得例3

一般建設業、埼玉県知事許可

  • 業種:消防施設工事業
  • 株式会社カスカベ工業
  • 経営業務管理責任者:取締役 カワグチ ゴロウ
  • 専任技術者:消防施設工事業 ⇒ 取締役 カワグチ ゴロウ
矢印1
取締役 カワグチ ゴロウ 略 歴
平成23年7月1日 埼玉県川越市にて、個人事業主として消防施設工事を請け負う。主に商業施設のスプリンクラー設置工事を施工。
平成29年4月1日 個人事業を廃業し、(株)カスカベ工業に入社。
平成29年9月1日 (株)カスカベ工業 取締役に就任。
経営業務管理責任者について
取締役 カワグチゴロウの消防施設工事における個人事業の経営経験満5年をもって、消防施設工事業の業種を申請
専任技術者について
消防施設工事業:甲種消防設備士を持つ、取締役 カワグチゴロウ